みんなの交通ナビ

ユーザーの口コミよるバリアフリー情報サイト

当サイトは、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が運営しています

車いす※で電車を利用するとき

※ここで説明する車いすは、「介助用車いす」・「自走用車いす」・「電動車いす」を指し、「ハンドル形電動車いす」は含みません。「ハンドル形電動車いす」での利用方法は、らくらくおでかけネットまたは各鉄道会社の案内をご覧ください。

電車を利用する前に
電車に乗ときには、時間に余裕を持って出かけ、安全に利用するため混んでいる時間帯を避けることも必要です。
駅員に申し出れば、ホームまでの案内や電車への乗降のサポートが受けられます。ただし、駅員の手配が必要な場合もあるので、事前に連絡しておくと便利です。

<駅員のサポートを必要とする際、事前に伝える内容例>

  • 1. 乗車日
  • 2. 乗車区間
  • 3. 乗車希望列車(列車名・出発時刻)
  • 4. 指定席希望(なし・あり)
  • 5. 付き添いの有無
  • 6. 車いすの有無(電動・手動)
  • 7. 同行する人数
  • 8. きっぷの受け取り(乗車当日・その他)
※一人でトイレの利用が難しい場合は、介助者の同伴が必要です。
新幹線や特急列車には、「車いす対応座席」が用意されていることがあります。ただし、申込方法等が各鉄道会社によって異なるため、事前に案内をご確認ください。
障害者割引制度が利用できる場合があります。詳しくは、窓口や券売機の呼び出しボタン等で確認するか、各鉄道会社の案内をご覧ください。
券売機・改札
改札の通行時は、幅の広い改札が便利です。また、有人改札も通行できる場合があります。
改札の通行時は、誤ってゲートが開かないことや、早めに閉まることがあるので注意が必要です。特に、車いすを介助している場合は、車いす利用者の体が当たらないように注意しましょう。その際、駅員に申し出て、手動でゲートをあけてもらうことがおすすめです。
ホーム
希望の乗車位置がなければ、駅員に指定された場所で待ちましょう。車いすスペースのある車両を利用すると便利です。
ホームには、水はけのため目には見えない傾斜があるので注意が必要です。
電車を待つときには、必ず車いすにブレーキをかけて、線路と平行に向きましょう。
乗降時
乗客が降りたら、駅員がスロープ板を設置します。車いすのキャスターがスロープ板から落ちないよう注意が必要です。
車内
車いすスペースあるいは乗降扉の横のスペース(壁を確保する)に停め、必ずブレーキをかけます。その際、進行方向と直角(背中が壁になるよう)に停めると安定します。
ブレーキをかけていても、緊急停止時などで体が前に飛び出ることがあります。介助者はできるだけ近くで見守りましょう。

最新の情報を書き込む

乗り方ナビ

はじめて公共交通機関に乗る方への
お役立ち情報です


Copyright©Foundation for Promoting Personal Mobility and Ecological Transportation all Right Reserved.
powered by Mirairo Inc.