みんなの交通ナビ

ユーザーの口コミよるバリアフリー情報サイト

当サイトは、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が運営しています

ベビーカー利用・小さな子ども連れで電車を利用するとき

電車を利用する前に
電車に乗るときには、マナーを守ることが必要です。
電車に乗るときには、時間に余裕を持って出かけ、安全に利用するため混んでいる時間帯を避けることも必要です。
ベビーカーに子どもを乗せたまま乗車することもできますが、あくまでも安全を確保するのは保護者の責任です。また、車内が混在している場合、ベビーカーは畳みましょう。
子どもはじっとしているのが苦手です。お気に入りのおもちゃを持ち歩くことや、上手に声かけをして誘導するなど、周りの迷惑にならないような工夫が必要です。
会話に夢中になったり、スマホや携帯電話等に気をとられたりして子どもから目を離さないようにしましょう。
お出かけする前に
お出かけするときには、乗降する駅の設備や乗り換えのルートの情報を事前に確認すると便利です。

「らくらくおでかけネット」http://www.kotsunavi.jp/

券売機・改札
切符等の購入時は、財布だけでなく、子どもやベビーカーにも目配りをしておくことが必要です。
改札の通行時は、幅が広い改札が便利です。
改札の通行時は、誤ってゲートが開かないことや、早めに閉まることがあるので注意が必要です。特に、子どもや妊娠中は気をつけましょう。
混雑時は、周囲の状況に留意し、ベビーカーの前輪で前の人の足に引っ掛けないよう気をつけましょう。
ホーム
ホームには、水はけのため目には見えない傾斜があるので注意が必要です。
電車を待つときには、必ずベビーカーにストッパーをかけて、手を離さないようにしましょう。また、ベビーカーは線路と平行に置きましょう。
線路への転落等した危険な場合、大声で周囲に知らせとともに、早急にホーム上にある非常停止ボタンを押します。
乗降時
乗降時は、降車の乗客が優先です。心と時間にゆとりを持って行動しましょう。
乗降時は、電車とホームの間にベビーカーの車輪や子どもが落ちないよう注意が必要です。 また、子どもの手は必ずつなぎましょう。
車内
車いすマークがある場所にベビーカーを置いてもOKです。ただし、車いす利用者が乗車してきたときは譲ります。
参考文献:
「あんぜんであんしんできる子育てのために 子育ち・子育てバリアフリー教室」
子育ち・子育てバリアフリー教室テキスト作成プロジェクト

最新の情報を書き込む

乗り方ナビ

はじめて公共交通機関に乗る方への
お役立ち情報です


Copyright©Foundation for Promoting Personal Mobility and Ecological Transportation all Right Reserved.
powered by Mirairo Inc.